2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

    2012.03.19 (Mon)

    みつまたの花が咲いていました

    DSCF0279.jpg 


    写真もブログも中止していましたが、再開しました。これからはペースを落として続けることに

    そして、今日は久しぶりの散歩です

    みつまたの花が咲いてしました

    みつまた0282 

    甘い香りがします

    みつまた0268 


    みつまた288 


    みつまたは、2月24日に蕾を見て、みつまたとその名前を教えてもらって以来

    どんな花が咲くのかしらと楽しみにしていたのでした

    ↓下の写真は2月の蕾だったときのものです

    DSCF0072.jpg 


    ========追記=========
    樹木見て歩きさんのブログに、花びらではないこと、隠れている雄しべがあることを知りました。
    以下は

    漢方薬植物名一覧で調べてみました

    花の、筒状部は長さ約7ミリで花弁(かべん)状のがく片で、
    外側は蜜毛で覆われ白色で、内側は黄色です
    雄しべ8個、がく筒の内面に4個づつ上下2段につき、
    花柱は長く花外に出ます。
    果実は、あずき粒大の痩果(そうか)が夏に熟します。

    あれっ? そうか って?? 

    テーマ : 花の写真 - ジャンル : 写真

    19:44  |  春(3~5月)近所  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

    Comment

    昨日は訪問ありがとうございました。ご近所の植物の花の数々をテーマとされているようですね。これからもよろしくお願いします。ところで3月中旬でミツマタが満開になっているのですね。こちらでは2週間ほど遅れています。
    く~ちゃん |  2012年04月01日(日) 06:15 |  URL |  【コメント編集】

    ●三椏の群生地

    近くの山に三椏が群生しているそうです
    私もいつか行ってみたいなぁと思っています
    行った人に聞くと、感動するそうです
    waka |  2012年03月19日(月) 23:18 |  URL |  【コメント編集】

    三椏は和紙の原料になりますので楮と共に和紙と係わりの深い岐阜県美濃市では大切にされていました
    今は栽培されている所は少なく他から運んでくるものを使っているようですが三椏の花は可愛くて私は好きです・・・・・
    赤い花の咲く紅花三椏もあるようですが私はまだ出逢っていません

    この木の枝が三つに分かれている事から三又(三椏)と言われるようになったのですね・・・・・♪^^
    shizenkaze |  2012年03月19日(月) 23:05 |  URL |  【コメント編集】

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

     | BLOGTOP |