2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

    --.--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

    2012.02.19 (Sun)

    青い幹でも光合成をしているのですって!!

    植物の光合成といったら、葉でなされているものかと思っていたら
    アオキは、暗い場所でもよく光合成がなされるように、緑色の茎でも光合成ができるのだそうです

    神戸の花と木(今の花と木の様子) で知りました


    そこでアオキの写真の中から緑色の茎が見えるのを探してみました

    1月の実がなっているアオキ

    120117.jpg 

    4月の花が咲いている頃のアオキ どちら緑色の茎が見えます

    110418.jpg 

    日陰なのに、青々をしていました。だからアオキ青木なのですね







    そこで、青桐を思い出しました

    道路の脇で、変わった実をぶら下げている木があったので、なんとなく気になって、写真を撮ってみたものです。

    11.10.02あおぎり12  

    後で木の名前を知る助けになるかと、幹が緑色で珍しいと思ったので、これも写真に撮っておきました。

    111009_20120219192343.jpg 

    そして、この緑色の幹が決め手となって、後日青桐だと知りました。

    この木も、他の木が多い繁っている暗い場所に生えてたのにで、光合成ができる幹なのかしらと
    コメントを入れたら、そのようです。




    昨日お義兄さんの山畑でクスノキを見たのですが、古い木から新しい枝が出ていたのですが、それが緑色だと気付きました

    120218.jpg 

    もしかして、クスノキの新しい幹も光合成をしているのでしょうか

    さらに新しい細い枝は赤い色をしていますが、これはどうでしょうね

    DSCF9682.jpg 

    竹も緑色ですから、光合成をしているのでしょうか?
    あれっ? ところで、光合成っていったい何だったかしら? 小学校に行かなくては!!

     



    今日のことば   創記2:19節   (新改訳聖書©新日本聖書刊行会) 

     2:19 神である主が、土からあらゆる野の獣と、あらゆる空の鳥を形造られたとき、それにどんな名を彼がつけるかを見るために、人のところに連れて来られた。人が、生き物につける名は、みな、それが、その名となった。


    ちらっと読んでくださった方、応援のポチをよろしくお願いします  

              
                にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

    19:37  |  ・・・冬(12~2月)近所  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

    Comment

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

    Trackback

    この記事のトラックバックURL

    →http://bible123.blog95.fc2.com/tb.php/576-d64ec8de

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック

    ▲PageTop

     | BLOGTOP | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。