2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

    --.--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

    2012.02.02 (Thu)

    わけのわからない「いぬびわ」

     最初にいぬびわを見たのは2011年2月でした。
    里山公園を歩いていて、枝に一つだけ実がついているのに気付いて、
    これは何?とキョロキョロしていたら、「いぬびわ」と書かれた名札がぶら下がっていました

    それがつぼみなのか、実なのか、何もわかりませんが、
    とにかく枇杷のようなものが見れるのだろうと思いました 
    あれからほぼ一年、さっぱり「いぬびわ」がわかりません


    この色の文字は、写真を全部並べた後で
    神戸付近の野草・樹木の観察紀行 のホームページで見たのを
    自分の写真にあてはめてみました
    違っているかもしれません
    青い字はホームページを見た後の感想
    ややこしくてすみません
    赤い字はその後で神戸付近の野草・樹木の観察紀行の窪田さんからいただいたコメントです



    No.1  2月 17日 里山公園

     
    2月17日

    ↑「雄果嚢が葉が落ちた枝についています。中ではイヌビワコバチが育っています」
    ↑なのでしょうか ということは、これは雄株のイヌビワ??        


    これ以降、「いぬびわ」の名札を見て写真を撮り続けました
    きっと「いぬびわ」だろうなと思って撮ったのも含まれています
    別の種類のものも混じっているかもしれません

    MO.2  6月8日です 里山公園     

    花期 4~6月、雌雄別株
    ↓ では、これは雄株?雌株? 外からみて分かるのかしら?

    6月8日6.08703 




    NO.3   6月20日  赤い実?  花?がたくさん落ちていました 里山公園 
    ↓どうしてこんなにたくさん落ちているのでしょう
    ↓受粉しなかった雌花のイヌビワ? 用の済んだ雄花? 

    6月20日の落ちている果嚢は雄果嚢です。このときにこの中から
    イヌビワコバチの雌が雄果嚢から出ます  

     
    6月20日20683




    NO.4  8月16日 また実がついていました  里山公園 
    ↓これはいつからここについているのでしょう?
    ↓受粉して落ちなかった雌花でしょうか? 

    8月16日のものは雌果嚢このまえにイヌビワコバチの雌は
    この雌果嚢へ入ります 

     8月16日08.16747


    NO.5    9月12日 また赤くなっています 
    9月12日のは熟した雌果嚢です
     
    9月12日9.12 

    ↑ ↓雌果嚢が熟しています  ↑ ↓これが食べて美味しいのでしょうか? 


    NO.6  10月17日 赤いのがあります  散歩先で見たものです
     
    10月17日671 

     

    NO.7  同じ10月17日 こんな色のもあります

    10月17日F3672 

    ↑ ↓雄果嚢は冬まで残ります ↑ ↓美味しそうではないので雄花?   


    No.8  12月1日の写真です  里山公園
       
    12月1日CF7033  




    No.9  12月17日 これもいぬびわだと思います 散歩先にまた別の場所

    12月17日77532 

    No.10  12月17日 上と同じ場所

    12月17日35 

    雄果嚢が葉が落ちた枝についています。中ではイヌビワコバチが育っています 
    それとも 
    色がちょっと変わって写っているみたいです。これは食べられる雌果嚢?
    あれっ 雌果嚢 どう読むんでしょう・・・・





    一年中実がなっている・・・・色が色々変化している
    どうもこれは実ではなくて花らしい
    雄花、雌花があるそうで、どうも説明が分かりにくい

    難しくて、ただファイルにゴチャゴチャと入れていたのを、
    今回順番どおりに並べてみましたが
    ますます、よく分からなくなりました。
    特に6月にバラバラと落ちていたのは何なのか
    いぬびわではなかったのかしら????



    今日のことば   創世記1章31節      (新改訳聖書©新日本聖書刊行会)  
       1:31 そのようにして神はお造りになったすべてのものをご覧になった。見よ。それは非常によかった。こうして夕があり、朝があった。第六日。



             にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

    テーマ : 博物学・自然・生き物 - ジャンル : 学問・文化・芸術

    18:39  |  ・・・冬(12~2月)里山  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

    Comment

    ●窪田さん

    コメントをありがとうございます
    私が青い文字で感想を入力するのと、久保田さんからのコメントをいただくのが、時間的に重なっていたようですね
    閉じていた扉が、すこし開きかけてきたように思われます
    waka |  2012年02月02日(木) 22:43 |  URL |  【コメント編集】

    ●shizenkazeさん

    どれもイヌビワでよかったです
    実は、違うのも同じファイルに入っていました
    6月頃は、どれがイヌビワか、どれが何か、今以上に分からなかったのでした。
    これもイヌビワかなと思ったのは、たぶん「しろたも」の蕾ではなかったかなと、今は思います
    waka |  2012年02月02日(木) 22:39 |  URL |  【コメント編集】

    こまめに写されていますね。すごいです
    6月20日の落ちている果嚢は雄果嚢です。このときにこの中から
    イヌビワコバチの雌が雄果嚢から出ます
    8月16日のものは雌果嚢このまえにイヌビワコバチの雌は
    この雌果嚢へ入ります
    9月12日のは熟した雌果嚢です
    窪田 |  2012年02月02日(木) 22:01 |  URL |  【コメント編集】

    イヌビワを色々な所で写されましたね~^^
    今日載せられているものはどれもイヌビワですよ・・・・・
    名前にビワと付いていますが『イチジク』の仲間でクワ科イチジク属の植物です・・・・・
    イチジクと同じなので食べられます~^^

    沢山採れたらジャムにするのもいいですね~
    優しい味のジャムになります・・・・・♪^^
    shizenkaze |  2012年02月02日(木) 20:57 |  URL |  【コメント編集】

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

    Trackback

    この記事のトラックバックURL

    →http://bible123.blog95.fc2.com/tb.php/553-db56d1cf

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック

    ▲PageTop

     | BLOGTOP | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。