2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

    2012.01.28 (Sat)

    市主催の写真の特別講座の内容

    市美術展 特別講座「写真を楽しむ」
    講師==〇〇写真〇〇理事 〇〇会員という先生で、県展その他で審査員をされている偉い先生
    場所==開催中の市民展覧会の会場2階

    一時間半、写真はでないで、話ばかり、展覧会の審査員という視点からの話のようでした
    私は写真を撮るよりは、人の話を聞いてメモを取る方がまだ少しましかも・・・で
    手書きメモをB5ノートにびっしり5枚書いてきました

    以下は話された順番通り、 後の★印は私自身に参考になった項目 ▲は不明
     
    カメラのコレクター(ハッセル・ライカ) は、カメラのシャッターは押さない  
    メカマニア 写真の上達にはつながらない
    撮り鉄や富士山専門など、一つの分野だけの人は公募展には入りにくい
    自分の作品を客観的に見ろ、客観的に見るにはトレーニングが必要 ★

    撮ってからわざと日を置くと、撮ったときの印象、苦労が客観的に見ることを邪魔していることもある ★
    タイトルのつけ方、5-6つタイトルを作って日を置いてから決める
    ひとりよがりのタイトルはいけない
    こう見てくれとタイトルで誘惑や強要をするな ★

    好きな分野で写真を楽しめ ★★
    先輩が撮っているのを真似してもだめ。自分が感動したものが人に感動を与える★
    昔は写っただけでたいしたもの、今は写ってあたりまえ
    日本はカメラ王国ですが、写真王国ではない
    本物と偽者、審査で見分けるのが難しい ▲

    写真クラブの昔と今
    銀塩とデジタル
    フジフイルムはフィルムの製造を続けると発表した
    公募展で入選するには、良い作品であるだけでは不足 主催者が喜ぶもの、スポンサーが求めているものを
    何を撮っても良いが、殻を破れないものをあまり深追いぱしないで、色々な分野で自分を試してみろ★
    撮影場所が二番煎じ三番煎じの場所でも、もう一度新しい感覚で、個性を発揮しろ★

    写真家と評論家、審査員の意見の分かれるところの話 審査員同士の裏話 ▲

    デジタル、メカニック、パソコンを深追いしすぎて何人もつぶれた
    フイルムには色に一定の約束がある ▲
    レンズ以上にボディーで色が変わる ▲
    デジタルは使う側にあわせて初期設定がしてある、その後自分にあう機能設定をする ★

    写真に男女の差はあるか
    高校生の写真の審査での経験 未熟でも柔軟性、大胆さがある 大人の指導が入っているのは見たらわかる それは入選しない ★

    有名な審査員の話 良い作品の前を通ると写真の方から呼びかけてくる
    自分がビビっと感じないものは撮らない ★
    カメラは体力 たくさんのカメラを抱えて撮影旅行 鞄の中身は見せない
    ライフワーク、テーマを持て★
    質疑応答
    どうして今年は市展の審査員をしていないのか
    ・審査員に合わせて応募するようになるので、運営委員は審査員が片寄らないように変えている。立派と好き嫌いとは違うので私はよい作品には手を挙げようと心に決めている
    何年も前に賞を撮られた先生の作品についての質問
    ・場所を見つけてから大事に1,2年待って、スケッチで構想を練った 〇〇さんのように、お金で勝負できないので、自分の語ともを裸にして撮った。その作品のために漁眠レンズを買った ▲
    先生の作品を見て、白とびしないで巧く撮れている、どんな工夫をしたのか
    ・43℃の海、まぶしかった ピーエルフィルターで効果を確認しながら。白い船のデッキのような場所の後は真っ黒。フィルターをしなかったら海は見える。自分が大事なところにピーエルフィルターをかける
    買うならプロテクターはレンズの性能を落とすだけ。最初の一枚はピーエルフィルターを買え ▲
    合成写真は公募に通用するのか


    綺麗な花の写真とか風景が入選しないのはなぜか、どんな写真が入選するのか


    一枚写真と組み写真




    今日のことば   創世記1章24節      (新改訳聖書©新日本聖書刊行会)   

    1:24 ついで神は、「地は、その種類にしたがって、生き物、家畜や、はうもの、その種類にしたがって野の獣を生ぜよ。」と仰せられた。するとそのようになった。



            にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


     
    16:47  |  その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

    Comment

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

    Trackback

    この記事のトラックバックURL

    →http://bible123.blog95.fc2.com/tb.php/546-c58e70f4

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック

    ▲PageTop

     | BLOGTOP |