2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

    --.--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

    2012.01.20 (Fri)

    あれっ?これは虫の卵の巣かしら???

    里山公園に「えのき」   高い枝にjまだ実がついているのを見ました

    そして、その枝の間に、不思議な1~2センチの卵のようなものがくっついています

    他の枝も見てみましたが、一つだけでした。いったいこれは何なのでしょう・・・・・・??

    不明えのき14 

    6月に撮ったえのきの写真を取り出してみると、えのきに虫がついているのを写していました。

    もしかしたら、この卵から、こんな虫が生まれるのでしょうか?????

    DSCF6828.jpg 


    上の虫と、下の虫は同じかしら? ちょっと違うように見えますが・・・・・


     DSCF6825.jpg  



    これは虫こぶでしょうか? 中に虫の卵があるのでしょうか?
     これも6月の写真です


     DSCF6831.jpg


    8月30日には、実が少し赤くなっていました。葉は虫に食べられているようです

    葉は生き生きして、実がたくさんついて、えのきは、虫にとって栄養があって美味しそうに見えます 

    あれが虫の卵の巣だったら、春になったらどんな虫が出て来るのでしょう・・・ 

    ここから青い文字は追記です
    「昆虫の冬越し」で検索したところ、小学校の理科通信に載っていました
    「イラガ」という蛾のまゆ のようです。
    違うかも知れませんが、蛾の繭であることにはどうも間違いなさそうです
    私は自分のことを幼稚園生だと思っていましたが、
     ブログを一年やっている間に、小学校に入学できる年齢にまで成長したのかも知れません

    http://www.edu.city.daisen.akita.jp/~km-jinsyo/gakusyu/rika/rika23.pdf

    小学生の子どもの頃、野山で遊んでいないので、これから小学生をすることにします


    そういえば、1月12日に不思議な枝を見たのですが、もしかしたらあれも虫の卵だったのでしょうか??

    DSCF8619_20120119222407.jpg 

    赤い実がついていたのですが、名前は知りません。指先でこすったら剥がれ落ちました

    これは何なのでしょう・・・・・・・

    DSCF8623_20120119222345.jpg  


    今日のことば   創世記1章16節      (新改訳聖書©新日本聖書刊行会)       

     1:16 それで神は二つの大きな光る物を造られた。大きいほうの光る物には昼をつかさどらせ、小さいほうの光る物には夜をつかさどらせた。また星を造られた。


        にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

    テーマ : 自然科学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

    タグ : えのき

    10:00  |  ・・・冬(12~2月)近所  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

    Comment

    ●あっちゃん6331 さん

    こんばんわ
    あっちゃんは子どもの頃から自然の中で遊んでいらしたのですね
    私も、刺されたくはないけれど、
    いつかイラガの幼虫におめにかかりたいものです
    そういえば、夏には虫をたくさん見ますが
    必ず卵の時期や幼虫、また蛹などの時を経て成虫になっているのですね
    今まであまり考えたことがありませんでした
    waka |  2012年01月22日(日) 19:42 |  URL |  【コメント編集】

    ●承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです
     |  2012年01月22日(日) 06:49 |   |  【コメント編集】

    ●電気虫

    おはようございます
    イラガの幼虫はは色々な木の葉を食べますが
    柿の木に多くて、子供のころよく刺されました
    電気に痺れるような痛みがあるので
    電気虫と呼ばれていました。
    あっちゃん6331 |  2012年01月22日(日) 06:44 |  URL |  【コメント編集】

    イラガ というのですか! 今度また見たら、穴があいてt空っぽか、まだしっかり丸いままかを見ることにしましょう
    どんな蛾かなと思って調べてみました

    http://www.jpmoth.org/Limacodidae/Limacodinae/Monema_flavescens.html

    カイガラムシもイラガの幼虫も農家の嫌われ者のようですね
    waka |  2012年01月20日(金) 18:14 |  URL |  【コメント編集】

    1枚目はイラガの繭でしょうか、中の住人はまだいるのかな。
    イラガの幼虫は見たことあるけど繭はまだなので見てみたいです。

    最後から2枚目のはカイガラムシだと思います。
    これも幾つも種類があるようです。
    蝋状の物質に覆われているため薬剤が効きにくく厄介者のようですよ。
    平家蟹 |  2012年01月20日(金) 13:38 |  URL |  【コメント編集】

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

    Trackback

    この記事のトラックバックURL

    →http://bible123.blog95.fc2.com/tb.php/532-339887c1

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック

    ▲PageTop

     | BLOGTOP | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。