2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

    2011.12.24 (Sat)

    314 イタドリの若い芽の絵

    今日は「イタドリ」と思いがけないところで、思いがけない遭遇をしました。

    それは、めったに買い物に出ない私なのですが、プレゼントのお買い物の必要があってデパートに行くと、手作り作品の展示販売のイベントをやっていて、その中でとてもチャーミングな作品を並べている、チャーミングな女性の作品コーナーで見たのでした。

    手作りのアクセサリーや手編みセーター、その他ステキな商品の他に、日本画も展示販売されていて、イタドリの若い芽がふきのとう (色を水色に変えたのだそうです) と一緒に描かれていました。プロの画家でもあるのだそうです。 

    日本画いたと゜り  


    イタドリといえば、私がその植物の名前を知ったのは、9月20日 知らない木の白い花 というタイトルでブログを書いたときにコメントで教えていただいた時でした。

    知ったことが嬉しくて、
    10月29日「里山の道で」見たいたどり でもアップしました。
    その後も何度も花を見たり、写真にも撮りました。

    でも、このような若い芽は、この絵の中で初めて見ました。作家のRIKOさんに了解を得て写真に撮らせていただけました


    下の写真は、9月19日に撮影したものです。

    DSCF2228_20111224185428.jpg 

    美味しいのでしょうね、虫がたくさんついているイタドリも見ました。毛虫のアップ写真もあるのですが、ここの載せるのは遠慮することにしますネ

    DSCF2262.jpg 


    若芽の写真と、いたどりについての説明を   さんから、お借りしてきました。

    いたどりの若芽四季の花 

    別名スカンポ。春には酸味のある竹の子状の若芽の茎の皮をむき、生で食べることができる。シャキシャキとした酸味の利いた味で、味の良いのを見分けるコツは、茎を折るときにポキッと折れるのが水分が多く味が良い。一方、グシャっとつぶれてしまうのは、繊維質で味がよくない

    さてさて、この絵の作者のRIKOさんは、絵を描いた後は、シャキシャキ酸っぱいお味を楽しまれたのでしょうか??それとも、描いている間に水分が飛んでしまって、グシャッとなってしまったのでしょうか? 気になるところです。  




    今回イタドリについて調べてわかったのですが、イタドリは草なのですね。漢方薬にも使われているそうです。

    最初に見たイタドリは見上げるほどに背が高かったので木かと思っていましたが、あれは本州北中部の山地や北海道には草丈2~3メートルにも達するオオイタドリがあるとのことで、オオイタドリだったのかも知れません。

    また、花の紅色のものをメイゲツソウとして区別するらしいですか゜、このピンク色のイタドリの種類は何でしょう。

    DSCF2769.jpg 



    今日のことば   創世記3章14節      (新改訳聖書©新日本聖書刊行会)         
    3:14 神である主は蛇に仰せられた。「おまえが、こんな事をしたので、おまえは、あらゆる家畜、あらゆる野の獣よりものろわれる。おまえは、一生、腹ばいで歩き、ちりを食べなければならない。
    3:14 So the Lord God said to the serpent:"Because you have done this,You are cursed more than all cattle,And more than every beast of the field;On your belly you shall go,And you shall eat dustAll the days of your life.


    訪問ありがとうございます    ブログランキングに参加しています   応援ポチをよろしくお願いします。

      にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 
                                     にほんブログ村   

    テーマ : 絵画・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

    19:45  |  その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

    Comment

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

    Trackback

    この記事のトラックバックURL

    →http://bible123.blog95.fc2.com/tb.php/502-8b098f5a

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック

    ▲PageTop

     | BLOGTOP |