2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

    2011.03.30 (Wed)

    アメリカンフウ

    年末12月27日に見たときは、紅葉がみれた
    アメリカンフウ
    DSCF2499.jpg

    3月28日に、どんな形で春を待っているのだろうと見てみました。
    根元に直径3センチ程のイガイガの丸い実があちらこちらに落ちていました
    よく見ると、昨年のものなのか、その前のものなのか、
    干からびた実が地面にしっかりとくっついていました。
    そこには、何かの昆虫の抜け殻も落ちていました
    DSCF3809.jpg

    カサカサしている落ち葉に寝転がってみました
    DSCF3798.jpg

    解放された気分になりました。
    今だけを見ていては、全体を見て識別することはできないもの。
    自然は神様が造られたものですが、被造物を見るだけでは神を知ることはできない。
    帰宅したら聖書を開きましょう。・・・・・


    来年の冬は、視線を高いところに上げて、イガイガの実がなっているところを見てみたいな・・・
    どんなフウに実がついていることでしょう???


    界 : 植物界 Plantae
    門 : 被子植物門 Magnoliophyta
    綱 : 双子葉植物綱 Magnoliopsida
    目 : マンサク目 Hamamelidales
    科 : マンサク科 Hamamelidaceae
    属 : フウ属 Liquidambar
    種 : モミジバフウ L. styraciflua

    こんな木もマンサクの親戚?????
    「ふう」とは楓 かえでのことだけど、カエデ科とはちがうのですって
    ふーーーーーう という感じですね
    パチパチ



    テーマ : 公園散歩 - ジャンル : 写真

    10:15  |  春(3~5月)山畑  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

    Comment

    ●wakaさん、こんばんは、

    初めまして、
    今朝ほどは、お声掛け有り難う御座いました、

    アメリカンフウの干からびた実の様子は良く見掛けますね、
    「落ち葉に寝転がって・・・」「解放された気分」
    落ち葉から、「かさ、かさ、さらさら、・・・」、
    陽が当たったり、風に吹かれて、微妙な音が発生する音のシンフオニー・・・、
    構わず寝そべって、聞き入る至福の一時だったのではと想像しています、
    花ボランティア活動で東小学校の校庭に、
    「東」と「小」のデザインした花壇は、狙い通りでしたね、
    小学校の入学式には、心和ませる場、記念写真の場として重宝されると思います、
    ずっと遡って見せていただきました、
    自然への観察を楽しまれている様子が伺え、共感も覚えました、
    又寄らせて下さい!どうも有り難う御座いました。
    Digital_Photo 花遊悠 |  2011年04月01日(金) 21:04 |  URL |  【コメント編集】

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

    Trackback

    この記事のトラックバックURL

    →http://bible123.blog95.fc2.com/tb.php/110-f59d75d7

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック

    ▲PageTop

     | BLOGTOP |