FC2ブログ
    2013年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

    2013.11.18 (Mon)

    パーティを飾るさねかずらの実

    サンクスギビングパーティーの会場を飾ろうと
    ご近所からいただいてきた植物を
    紹介します


    s-さねがすらDSCF6877 


    さねかずら  実葛 核葛】

    耳のある   ものは聞くなり     さねかずら
     

    百人一首に出てきますね
    名にし負はば 逢坂山のさねかづら 
    人に知られで くるよしもがな
    ◎どんなところで とってきたの? 
    つる性です。林の中で、木にからみつき、その枝や葉に隠れるようにしてぶら下がっていました。
    ◎どんな花だったの?
    夏に白い花が咲いていました。雄花と雌花でほんの少し違いがありました。実はめだつのですが、花は小さくてひっそり控えめに咲いているので、めったに見ることはないです。

    ◎食べられるのかしら?
    毒ではないが、口に入れてもおいしくはありません。
    実からは漢方薬が作られています。また昔の武士は樹液を利用して
    ちょんまげの整髪料として使っていたそうです。


    s-ヤフー顔


    ブログランキング・にほんブログ村へ 応援をありがとうございます
    にほんブログ村



    13:27  |  秋(9~11月)近所  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

    2013.11.16 (Sat)

    パーティを飾る「しろだも」の枝と実

    サンクスギビングパーティーの会場を飾ろうと
    ご近所からいただいてきた植物を
    紹介します


    s-DSCF7061.jpg 

    【シロダモ 白だも】

    次世代の 花を見るまで しろだもの

              時を待ちつつ ほうこう保つ

    ◎どんなところで とってきたの?

    里山では、あっちこっちで見られます。背が高い木の下で枝を伸ばしています。

    ◎花は黄色いのですね?
    雄花と雌花は別々の木に咲いています。
    雌株についている赤い実は、去年に咲いた花が一年たってやっと実になり色づいたものです。一本の枝に今年の花と去年の花の実が一緒に並んでいるのは珍しいと思います。よく見ると、雄花と雌花とはちょっと違います。

    ◎においはするの?
    葉を手でもむと優しい匂いが少しします。樟脳(しょうのう)がとれるクスノキの仲間です。
    花の匂いをかごうと鼻を近づけたら、唇に花が触れました。なめたら甘い蜜の味がしました。

    ◎食べられるのかしら?
    食べられませんが、実からは、蝋燭を作るときの油が取れるそうです。
     

    ブログランキング・にほんブログ村へ 応援をありがとうございます
    にほんブログ村


    12:30  |  秋(9~11月)近所  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

    2013.11.13 (Wed)

    しろだもの葉の不思議は 虫こぶ

    シロダモハコブシ。シロダモタマバエによる虫こぶだとのこと

    このブツブツしている中には小さな虫の赤ちゃんが入っているのでしょうか

    一つの粒に一匹かしら  一つの粒に双子がいたりするのかしら?

    名前からするとハエのような虫が出てくるのかしら?

    s-しろだも 104 



    枝を切っていただいてきたのですが、 枝の先にこんなのがくっついていました

    これも虫こぶの一種でしょうか? かまきりの巣のような感じですが

    何が入っているのでしょう? 何が出てくるのでしょう

     s-しろだもの虫こぶ 004





    ブログランキング・にほんブログ村へ 応援をありがとうございます
    にほんブログ村



    コメントで、シロダモ・タバエ と シロダモ・タマバエ・コマユ・バチ  について教えていただきました
     
     『虫こぶはひみつのかくれが?』(福音館書店を書かれた 湯川淳一先生は、しもだもの虫こぶを研究されたようです。

    このような子ども用の本が、私にはちょうど良いでしょう。機会があったら図書館で探してみましょう。
    16:43  |  秋(9~11月)里山  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

    2013.11.13 (Wed)

    見つけた 「くこ」の花


     農家の庭のはずれの道路脇に クコ の花を見つけました


    s-131111くこ雌

    このくこの花と、下のくこの花は、同じ色をして、同じような大きさなのですが

    ちょっと様子が違います

    s-131111くこ雄 119 


    下の写真は雄しべが成熟期を迎えているところで

    その後、上のような花になる。これは雌しべが伸びている雄しべ先塾の花だそうです

    ブログ「神戸の花と木」の先生から教わりました




    ブログランキング・にほんブログ村へ 応援をありがとうございます
    にほんブログ村


    08:32  |  春(3~5月)里山  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

    2013.11.12 (Tue)

    里山の道で、コウヤボウキ、藪柑子、むかご

      里山の道 真ん中の草はミツバのように見えますが・・・車はと通れない道です

    s-s-131111みつば085 

    左側の山側 法面のりめん と言うのでしょうか? 高野箒が咲いています

    s-131111こうやぼうき4 


    これは十両 藪柑子でしょうか 周囲の木の陰で、こぼれ陽を受けて光っています
    確か、万両、千両、百両、十両、一両とあって、これは十両と教わった気がします

    s-s-131111やぶこうじ 一両9

    s-s-131111やぶこうじ 一両 082 



    道の右側には、むかごがぶらがっていました 

    s-s-131111むかこ゜5 


    この里山道の右は畑と田んぼが広がっているので、光が右から入っています

    ちょっと暗い山道も良いのですが、少し寒くなったので、光が十分にあたるとホッとします


    s-s-131111むかこ゜ 092 



    ブログランキング・にほんブログ村へ 応援をありがとうございます
    にほんブログ村




    19:19  |  秋(9~11月)里山  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
    PREV  | BLOGTOP |  NEXT