2011年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

    --.--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

    2011.12.29 (Thu)

    12月の、忘れないでいたい植物の名前

    ふゆいちご  ふゆいちご 今度見たときには味見がしたいです

    べにばなぼろぎく  ベニバナぽろぎく ボロとは気の毒な名前です

    くすのき  くすのき 実が黒く光っていました

    しろだも4  しろだも 苦労してその名前を知りました

    たんきりまめ  たんきりまめ 先に他の人のブログで見てから実際に出会いました

    のげし02  のげし

    のぼろぎく12  のぼろぎく のげしと比較してみるのが楽しかったです

     ただ、ただ、出会った植物を写真に記録するだけの一年でした。
    写真をとる植物の種類を増やすことよりも、科とか属とかも調べたりして、一つ一つの植物について、もうすこし知りたかったなあと思います。また、同じ植物を新芽、花、実、種と追って行けたら、もっと面白かっただろうなあと思います。

    来年は、他のことで忙しくなるので、今回の10月、11月、12月の植物を整理したところで、植物のブログの更新はここで、ひとくぎりとします。  

    今日のことば   創世記3章18節      (新改訳聖書©新日本聖書刊行会)        
    3:18 土地は、あなたのために、いばらとあざみを生えさせ、あなたは、野の草を食べなければならない。 
    3:18 Both thorns and thistles it shall bring forth for you,And you shall eat the herb of the field.


    訪問ありがとうございます    ブログランキングに参加しています   応援ポチをよろしくお願いします。

      にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 
                                     にほんブログ村   

    スポンサーサイト
    16:06  |  名前の備忘録  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

    2011.12.29 (Thu)

    11月に見た花

    11月に見た植物、名前を教えられた植物等のうち、今度見たときに名前が思い出せないかもしれない植物を集めました。植物の好きな方にはお馴染みの植物ばかりでしょうけれど、私にとっては、これらの植物と出会った時は、毎回嬉しく思ったものでした。

    おおにしきそう1   おおにしきそう  国道沿いの草むらの中の雑草 

    カエンキセワタ ( 火焔着せ綿 ) DSCF6651  火焔着せ綿  花の様子と、その名前とが興味深い花でした  

    きづたヘデラふゆづた  きづた ヘデラ ふゆづた

    葉なつづた9 なつづた  蔦を二種類知りました

    きんぐばなな  キングバナナ  どうしてここに生えているの? とびっくりしました
     
    しょうじょうそう猩猩草DSCF6620  しょうじょうそう  葉、がく の色がユニークです

    ねりねDSCF6610  ネリネ ダイヤモンドリリー その名の通り朝日に輝いていました

    ひめつるそばDSCF6623 ひめつるそば  名前は知らなくても、自宅にもいっぱい咲いています

    まゆはけおもと  まゆはけおもと 上品な感じが好きになりました


    むらさきごてん  むらさきごてん あったこっちで見ます 名前が立派です
     

    実こせんだんぐさアメリカせんだんぐさ せんだんぐさ アメリカせんだんぐさ 種の様子が面白いです


    幼稚園生のように、名前の表記がひらがなばかりです。来年は漢字で入力できるようになりたいものです。
     

    今日のことば   創世記3章17節      (新改訳聖書©新日本聖書刊行会)         
     3:17 また、アダムに仰せられた。「あなたが、妻の声に聞き従い、食べてはならないとわたしが命じておいた木から食べたので、土地は、あなたのゆえにのろわれてしまった。あなたは、一生、苦しんで食を得なければならない。
    3:17 Then to Adam He said, "Because you have heeded the voice of your wife, and have eaten from the tree of which I commanded you, saying, 'You shall not eat of it':"Cursed is the ground for your sake;In toil you shall eat of itAll the days of your life.


    訪問ありがとうございます    ブログランキングに参加しています   応援ポチをよろしくお願いします。

      にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 
                                     にほんブログ村   
     

    15:50  |  名前の備忘録  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

    2011.12.28 (Wed)

    10月に見た植物

    お義兄さんの山畑の木々に名札をつけてもらって観察を始めて一年
    写真を撮ってブログに載せて10ヶ月
    たんさん植物の名前を知り、また色々な植物に目がとまるようになりました

    一年の締めくくりとして、写真を撮っても名前がわからなかったものをまとめて、ネット図鑑などで調べてみました。
    間違っているかもしれません。とりあえず名前をつけて保存します。
    すぐに忘れてしまいそうですから・・・・・

    あおぎり46  あおぎり? 袋の中に種が入っているようです 道路の脇で見た大きな木です


    あおつづら あおつづらふじ?   あっちこっちでよく似たのを見ました

    あきぐみ13 あきぐみ? 里山公園でみました

    からむし6 からむし?   道路脇にうっとうしく生えていた雑草

    あれちはながさ35  あれちはながさ?   荒地の野原で見た雑草です

    きつねのまご  きつねのまご? 山畑の木々の間にへびいちごなどと一緒に咲いていた雑草です

    つるどくだみ60  つるどくだみ?  里山公園で木に覆いかぶさるようになっていた雑草です

    べにばなまんさくCF3104  べにばなときわまんさく?  散歩していて道路脇の庭先でみかけました

    やぶまお3  やぶまお?  うっとうしく生えていた生命力が感じられる雑草です。 

    やぶまめ217 やぷまめ? 名前のとおり、藪の中でみつけました

    続けて、11月 12月の植物も整理しています


     


    今日のことば   創世記3章16節      (新改訳聖書©新日本聖書刊行会)         
      3:16 女にはこう仰せられた。「わたしは、あなたのみごもりの苦しみを大いに増す。あなたは、苦しんで子を産まなければならない。しかも、あなたは夫を恋い慕うが、彼は、あなたを支配することになる。」
    3:16 To the woman He said:"I will greatly multiply your sorrow and your conception;In pain you shall bring forth children;Your desire shall be for your husband,And he shall rule over you."



    訪問ありがとうございます    ブログランキングに参加しています   応援ポチをよろしくお願いします。

      にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 
                                     にほんブログ村   

    19:30  |  名前の備忘録  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

    2011.12.24 (Sat)

    315ボタンの絵の付いたメモ帳

    デパートの手作り品の展示販売コーナーで、プレゼント用のネックレスを購入した後、しばしその作家のRIKOさんとお話をしました。
    彼女は作品の中にふんだんに金箔を使用しているそうです。この小さなペンダントトップにも金色に光って見えます。
    これはカブの写真を元にして創ったものだそうです。どういう工程で写真から作品になるのか、想像もつきませんが。


    DSCF7680_20111224195317.jpg 

    値札を隠すために使っているお金を受けるためのトレーも彼女の手作りで、これも綺麗なものでした。

    ネックレス 

    気に入ってもらえそうなネックレスをお買い物ができた上に、RIKOさんのステキな作品を楽しみ、またお話も聞かせていただいて、とても嬉しい経験でした。
    普段は教会に行く以外は、外に出るといえば山道や野原の散歩ばかりの私です。たまには街に出てみるのもいいものですねーーー


    DSCF7689_20111224195248.jpg 

    この手帳には彼女の作品のボタンの花の絵がついています。 プレゼントしてくださいました。

    原画はどれくらいの大きさのものなのでしょう>>>>>?

    DSCF7688_20111224195317.jpg 

    そうそう、彼女はお花のボタンではなくて、洋服につけるボタンも手作りをしているそうです。時間がなくて、見ることができなかったのは、少し心残りです。

    お礼に、私のこのブログのタイトルをメモしてお渡ししたのですが、RIKOさん、ご覧になってくださっているでしょうか?


    今日のことば   創世記3章15節      (新改訳聖書©新日本聖書刊行会)        
      3:15 わたしは、おまえと女との間に、また、おまえの子孫と女の子孫との間に、敵意を置く。彼は、おまえの頭を踏み砕き、おまえは、彼のかかとにかみつく。」
    3:15 And I will put enmityBetween you and the woman,And between your seed and her Seed;He shall bruise your head,And you shall bruise His heel."

    訪問ありがとうございます    ブログランキングに参加しています   応援ポチをよろしくお願いします。

      にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 
                                     にほんブログ村   

    テーマ : 絵画・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

    20:30  |  その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

    2011.12.24 (Sat)

    314 イタドリの若い芽の絵

    今日は「イタドリ」と思いがけないところで、思いがけない遭遇をしました。

    それは、めったに買い物に出ない私なのですが、プレゼントのお買い物の必要があってデパートに行くと、手作り作品の展示販売のイベントをやっていて、その中でとてもチャーミングな作品を並べている、チャーミングな女性の作品コーナーで見たのでした。

    手作りのアクセサリーや手編みセーター、その他ステキな商品の他に、日本画も展示販売されていて、イタドリの若い芽がふきのとう (色を水色に変えたのだそうです) と一緒に描かれていました。プロの画家でもあるのだそうです。 

    日本画いたと゜り  


    イタドリといえば、私がその植物の名前を知ったのは、9月20日 知らない木の白い花 というタイトルでブログを書いたときにコメントで教えていただいた時でした。

    知ったことが嬉しくて、
    10月29日「里山の道で」見たいたどり でもアップしました。
    その後も何度も花を見たり、写真にも撮りました。

    でも、このような若い芽は、この絵の中で初めて見ました。作家のRIKOさんに了解を得て写真に撮らせていただけました


    下の写真は、9月19日に撮影したものです。

    DSCF2228_20111224185428.jpg 

    美味しいのでしょうね、虫がたくさんついているイタドリも見ました。毛虫のアップ写真もあるのですが、ここの載せるのは遠慮することにしますネ

    DSCF2262.jpg 


    若芽の写真と、いたどりについての説明を   さんから、お借りしてきました。

    いたどりの若芽四季の花 

    別名スカンポ。春には酸味のある竹の子状の若芽の茎の皮をむき、生で食べることができる。シャキシャキとした酸味の利いた味で、味の良いのを見分けるコツは、茎を折るときにポキッと折れるのが水分が多く味が良い。一方、グシャっとつぶれてしまうのは、繊維質で味がよくない

    さてさて、この絵の作者のRIKOさんは、絵を描いた後は、シャキシャキ酸っぱいお味を楽しまれたのでしょうか??それとも、描いている間に水分が飛んでしまって、グシャッとなってしまったのでしょうか? 気になるところです。  




    今回イタドリについて調べてわかったのですが、イタドリは草なのですね。漢方薬にも使われているそうです。

    最初に見たイタドリは見上げるほどに背が高かったので木かと思っていましたが、あれは本州北中部の山地や北海道には草丈2~3メートルにも達するオオイタドリがあるとのことで、オオイタドリだったのかも知れません。

    また、花の紅色のものをメイゲツソウとして区別するらしいですか゜、このピンク色のイタドリの種類は何でしょう。

    DSCF2769.jpg 



    今日のことば   創世記3章14節      (新改訳聖書©新日本聖書刊行会)         
    3:14 神である主は蛇に仰せられた。「おまえが、こんな事をしたので、おまえは、あらゆる家畜、あらゆる野の獣よりものろわれる。おまえは、一生、腹ばいで歩き、ちりを食べなければならない。
    3:14 So the Lord God said to the serpent:"Because you have done this,You are cursed more than all cattle,And more than every beast of the field;On your belly you shall go,And you shall eat dustAll the days of your life.


    訪問ありがとうございます    ブログランキングに参加しています   応援ポチをよろしくお願いします。

      にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 
                                     にほんブログ村   

    テーマ : 絵画・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

    19:45  |  その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
     | BLOGTOP |  NEXT
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。