FC2ブログ
    2011年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

    2011.11.24 (Thu)

    206ヒガンバナ科の花を集めてみました

    11月24日に近くで見たピンクの花が、ネリネという花で、ヒガンバナ科であることがわかりました。

    ねりねDSCF6554 

    そこで、ヒガンバナ科にはどんな花が含まれているのだろうと調べてみたところ、

    見たことのある花、写真を撮ったことのある花がありました。

    名前がわからないままパソンコの中で眠っている花の写真の中にも、ヒガンバナ科の花がありました。

    撮影した日が古いものが順番です。


    これは昨年の秋に、ちょっと遠くの古い街道の町並みが保存されているところで見たものです。

    眉刷毛万年青 まゆはけおもと     

    最近気がついたのですが、お隣の奥さんもこの眉刷毛万年青を育てておられます

    まゆはけおもとDSCF1711 


    4月5日に我が家で咲いた君子欄です。従姉妹が株分けをしてたのを分けてくださったのが、毎年咲いています

    くんしらんDSCF4222

    次のは アッツ桜 

    お隣の奥さんから少し分けていただいたのが増えました。 これは5月の写真です
    お隣の奥さんも名前を知らないとのことで、もう数年間も、名前を知らないまま、庭や鉢で楽しんでいました

    雫の写真が撮りたくて、雨の日にガラス戸のすぐそばに置いた花を写真に撮って楽しみした。 5月30日

    アッツ桜DSCF5522 


    アストロメリア  百合すいせん とも言うのだそうです。6月に撮りました

    私はカタカナの名前はすぐに忘れます。これは近所のおばあちゃんが育てている花です。

    後に 「犬の糞おことわり」 が見えます 裏道で、犬を散歩させる人ぐらいしか通らない道の横に植わっています。

    主人が入院していた時にいただいた花かごの中にたくさん入っていました

    アルストロメリア 百合すいせん 



    はまゆう 浜木綿

    7月1日に「ひげ爺さんけになっちった「百合」 というタイトルでブログにアップしたところ、

    コメントでそれはアフリカ浜木綿かインド浜木綿か、どちらにしても百合ではないことを教えてもらった

    思い出の花です

    はまゆうDSCF8663



    きつねのかみそり 狐の剃刀

    里山公園で名札が立っていたので、その名前がわかりました。咲いている花の数は少なかったです。

    孫たちとザリガニ釣りをした日に見た花です。8月9日

    黒い実をつけるのだそうですが、気が付きませんでした。


    きつねのかみそりDSCF0309


    なつずいせん 夏水仙

    8月31日明日から学校が始まるという日に、高校のグランドの下、小学校への通学路の脇で見たものです

    なつずいせんDSCF1384 

    9月の たますだれ 玉簾

    花が開いている写真があったはずなのですが、パソコンの中で消えてしまいました。どうも2011年8月に撮った写真がすっかり消えてしまっているようです。残念!!

    たますだれDSCF1702


    9月21日の彼岸花  お気に入りの写真。里山の田んぼの彼岸花は9月29日にアップしました

    ひがんばなDSCF2534


    10月13日に黄色い彼岸花の写真を撮りました。名前を今回知りました
    それは しょうきずいせん 鐘馗水仙

    111013しゅうきずいせんDSCF3322 



    水仙 11月21日の写真です   

    1121DSCF6143.jpg

    最後に、ヒガンバナ科を調べるきっかけを作ってくれたネリネの再登場です

    ネリネDSCF6543



















     

    スポンサーサイト



    22:51  |  名前の備忘録  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

    2011.11.24 (Thu)

    202ちょっと後悔しています 

    子どもたちが先生に連れられて来ていました。
    すれ違うと、それぞれの子どもから「こんにちわ」という大きな声が聞こえました。
    私の住んでいる町でも、すれ違うとき、知らない自転車の高校生が、さっと自然に挨拶をするので、都会から引越しをしたきたばかりの時はびっくりしました。

    DSCF6464.jpg 

    何年生かと聞けば「三年生!」  すかさず先生が、「三年生です」 と、「です」をつけることを教えていました。

    気をつけて行ってらっしゃいーーーー

    DSCF6466.jpg 

    彼らは登って行き、私達は降りて行きました。
    その後、遠くの下流の方で、子どもが石の上でふざけているのが見えて、危ないなと思いました。

    DSCF6482.jpg 

    そして下だって行くと、案の定、低学年かと思われる男の子が、大きくやぶれた濡れたズボンから両膝を見せて、椅子に座って震えているのを見かけました。回りには大人も子どもも何人かいました。
    風が穏やかな比較的暖かな日だといえ、濡れたらさぞかし冷えることでしょう。風邪を引いてしまうでしょう。

    私達は早く来たからもう帰るところですが、この人たちはこれからどうするでしょう。大人が注意しても聞かなくてふざけて水に落ちたひとりの子どものために、全員がここで引き返そうということになるなら、・・・・・・・・・・自分の子どもが小さくてやんちゃだった頃を思い出して、ちょっと切なくなりました。

    DSCF6255.jpg 

    帰りの車の中でも、濡れた子どものことを思っていたとき、
    朝、ここに着いたときに駐車料金を払った売店・食堂では、ストーブを焚いているのを見たのを思い出しました。
    この子どもの前を通り過ぎる、この川の入口の店にこのストーブがあったことを思い出して教えてあげれば良かったのに・・・・・・と
    黙って通り過ぎたことを後悔しました

    今回の渓流散歩の記事は終わり
    今日のことば   創世記2章2節      (新改訳聖書©新日本聖書刊行会)      
    2:2 それで神は、第七日目に、なさっていたわざの完成を告げられた。すなわち、第七日目に、なさっていたすべてのわざを休まれた。
     2:2 And on the seventh day God ended His work which He had done, and He rested on the seventh day from all His work which He had done.
    訪問ありがとうございます    ブログランキングに参加しています   応援ポチをよろしくお願いします。

      にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 
                                     にほんブログ村  

    テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

    09:15  |  その他  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

    2011.11.24 (Thu)

    201エメラルド・グリーンの水の中に

    滝つぼの深いところの水は、濃いエメラルド・グリーン

    DSCF6267.jpg 

    DSCF6299.jpg 

    DSCF6502.jpg 

    DSCF6348.jpg 

    たくさんの魚が泳いでいます
    ここは魚釣りは禁止なのでしょうか??

    DSCF6394.jpg 

    ここは、オオサンショウウオが生息すると言われる所です。

    売店では、ポットが置かれていて、この地の名水で入れたお茶をふるまってくださいました。帰りはその名水を飲ませていただきました。

    サンショウウオは私には懐かしい生き物です。私が通っていた小学校でサンショウウオを飼っていました。先生方がサンショウウオを飼っていることを誇りにしているようなところがあって、「別に可愛い生き物ではないのに不思議だな。」と子供心に思ったものでした。
    今私は、近くにこんなにも豊かな自然と滝があることを誇りに思います。
    今日のことば   創世記2章1節      (新改訳聖書©新日本聖書刊行会)      
     2:1 こうして、天と地とそのすべての万象が完成された。
    2:1 Thus the heavens and the earth, and all the host of them, were finished.
    訪問ありがとうございます    ブログランキングに参加しています   応援ポチをよろしくお願いします。

      にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 
                                     にほんブログ村


    テーマ : お散歩写真 - ジャンル : 写真

    09:02  |  その他  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
     | BLOGTOP |