FC2ブログ
    2011年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

    2011.11.19 (Sat)

    英伸三先生の紹介 写真説明その1

     講師 英伸三氏 の紹介
    1960年代の初めから世界のグラビア、朝日ジャーナルなどに発表。ドギュメンタリーが中心
    日本写真批評家協会で受賞。ショックを受けた人が多い。
    60年代、ポートレート美しい写真だったが、なとりゆうすけ「写真の読み方」で、ストーリーを追う組み写真が。
    ストーリーを追う組み写真に対するのは映像中心主義
    60年代、なかはらいっこう トーマス・・・ブレゴケ、コンテンポラリーフォトグラフ
    英氏は映像的であるが現実の中味をふまえている。ただ映像的でもだめで、ただストーリーを追うだけでもいけない。どちらも英氏にはありました。
    現代写真研究所の所長として、生徒と一緒に写真を撮って、三枚組、16ページのグラビアの本、写真集を作ることを指導している。

    英伸三氏によるスライドを見せながらの写真の説明
    農村問題を追ってきた。TPPに反対している。おいしいラーメン屋で並んでいて、途中で抜けられるか、抜けられない。日本の農業の自給率が落ちるだろう。農家は農業をやめるだろう。
    1農村に何が起こったか
    2一生懸命の時代
    3子どもたちの四季 教育・遊びの場
    4上海 1962年から 放生橋故事
    5上海天空下

    1農村に何が起こったか
    ● 鍛冶屋の店先 昔は道具を自分達で作った。用途に応じての形が美しい
    ● 農家のおばさんが、節くれだった手で、輸出する小型トランジスタの組み立て内職
    ● 部品メーカーの下請け作業のおばさん
    ● 農家の座敷でハンダの作業 フライパン、塩酸、 当時ニコンSPに28ミリをつけた。50ミリに接写レンズを入れた
    ● 農薬を蒔くヘリコプター 出稼ぎで人手不足から、水銀性の毒があって現在は禁止されている。後にコメが汚染米になった
    ● 出稼ぎにでかける夫婦 手に先に行っている仲間への差し入れの地酒
    ● 絞った牛乳を橋の上から捨てている 買取値が安いので値上げを要求しての過激な行動。配合飼料はアメリカ、カナダから輸入していたので餌代が高くて儲からなかった
    ● 線路の開通の日に祝いに集まった人たち 村が都会とつながるという安心感ができた。政治路線。赤字路線。無理して通した。かくのとせん
    ● ひとり暮らしのおばあさん 息子は出稼ぎ、バスも廃止された山村で一人
    ● 山の中の棚田に立つ女性 69年一割の生産調整。作付けをやめて一年目。畦はすすき、田には背高泡立ち草 たった一年で種が蒔かれるので次には田として使えない
    ● 祭りも人手不足。山車を耕運機に載せて村をねる。隣をコンクリートミキサー車が走る。道路やゴルフ場建設が盛ん
    ● 山梨で、富士山からのロケット弾の着弾地。反対運動をしているおはあさんたちによる基地返還運動。小屋に交替で立て篭もった。小屋にロケットが落ちたら死ぬ覚悟であった。
    ● 東北地方の冷害 実ができても種が実らず、収穫するはずのコンバインで刈り取っている。買ったばかりの350万円のコンバインは空もみを刈ると詰まって故障する。
    ● コンバインの前で子どもを背負ったお母さん。人手がなくてもできるように機会を買うが、効率がよくなるだけで田が広がるわけではなく、赤字となった

    2一生懸命の時代

    スポンサーサイト



    23:36  |  その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

    2011.11.19 (Sat)

    25初めての写真講座

    地元で開催されている写真展の会場で「〇〇〇氏による写真講座」があったので
    思い切って参加してきました。初めての経験です。

    申し込みの連絡をした際に、自分の写真を何枚か持参することを勧められましたので
    ごく最近ブログにのせた写真を中心に50枚Lサイズにプリントをして行きました

    先生の話の後、30名近くいらした参加者のうち、みんなの前の机に自分の写真を並べた人は私を含めて5人でした。
    私以外の人は、展示写真のような、立派な用紙に、立派なサイズで、プリントされていました。 しかも白黒でした。

    先生は一人の人の写真をテーブルにまず並べて、幾枚かの写真を取り集めて、カードのように並べ替えて、最終的に何枚かの写真を選ばれました。
    私の場合は、「大きなきのこ」の写真を中心にして、他の写真を並べたようです。


    DSCF5662.jpg  DSCF4735.jpg

    DSCF4289.jpg DSCF4180.jpg

                                   DSCF2620.jpg


    DSCF5297.jpg DSCF5268.jpg


    DSCF5323.jpg さんしゅゆDSCF5955

    私が写真を撮る目的は
    神によって創造された天と地、植物を楽しんで、その造り主をほめたたえることであって、
    人に褒められり注目される写真を撮ることでないのですが、
    感動したことを伝えたり、植物の名前や特徴などを後で調べたりする資料となるためには、
    よりはっきり撮って記録できるようになりたいなぁと思いました。

    またどこかで写真教室があったら出てみたいと思います。
    今回の講座は、ピントを合わせた写真の撮り方といった、基本的なことを教えていただくような講座ではありませんでした。

    今日のことば   創世記1章25節      (新改訳聖書©新日本聖書刊行会)    
    1:25 神は、その種類にしたがって野の獣、その種類にしたがって家畜、その種類にしたがって地のすべてのはうものを造られた。神は見て、それをよしとされた。
    1:25 And God made the beast of the earth according to its kind, cattle according to its kind, and everything that creeps on the earth according to its kind. And God saw that it was good.

    訪問ありがとうございます    ブログランキングに参加しています   応援ポチをよろしくお願いします。

      にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 
                                     にほんブログ村

    テーマ : 四季 −秋− - ジャンル : 写真

    20:01  |  その他  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

    2011.11.19 (Sat)

    24ゆったりと、寝転んで、すみれの花を

    お泊りをした若い客を駅までお見送りした後、
    ゆったりした気分で、川原の土手の道を歩いて帰りました

    すみれが咲いていました

    DSCF6085.jpg 

    土手に座り込んで、肘をついて、寝転んで、

    DSCF6089.jpg
     

    可愛いすみれに接近して、

    DSCF6086.jpg 

    風もなく、穏やかで暖かくて、このまましばらく寝転んでいようかしら・・・・・

    若い友との楽しかった会話を、有益な交わりを思い起こしながら・・・・・


    DSCF6074.jpg 


    今日のことば   創世記1章24節      (新改訳聖書©新日本聖書刊行会)   
    1:24 ついで神は、「地は、その種類にしたがって、生き物、家畜や、はうもの、その種類にしたがって野の獣を生ぜよ。」と仰せられた。するとそのようになった。
    1:24 Then God said, "Let the earth bring forth the living creature according to its kind: cattle and creeping thing and beast of the earth, each according to its kind"; and it was so.

    訪問ありがとうございます    ブログランキングに参加しています   応援ポチをよろしくお願いします。

      にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 
                                     にほんブログ村

    テーマ : 季節の花たち - ジャンル : 写真

    09:40  |  秋(9~11月)近所  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
     | BLOGTOP |