2011年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

    2011.10.31 (Mon)

    2つるうめもどきを届けていただきました

    DSCF4686.jpg 

    昨日、日曜日の夕方、教会から暗くなってから帰宅すると。何やら玄関にあります
    つるうめもどきです。

    小学校の花ボランティアでご一緒させていただいている方で
    先日、藤の種が弾ける時には、パーン パーン と音がする話を聞かせていただいた方が、
    「つるうめもどき」を知らないという私のために、採って持って来てくださったのです。

    葉を取り除いて、しばらく置いておくと、パーンという音はしないけれども 種が弾き出るとのことでした。
    夜はそのままにして、今日、月曜の朝に写真を撮っておきました



    午後になると、見る見るうちに、真っ赤な赤い種が顔を出してきたので、

    きれいに葉を取り除いて、「フットプリント」の額の周りに掛けてみました。たった一日で大きな変身です。

    DSCF4913.jpg 



    この額は、10年程前に教会の人たちとアメリカに行ったとき、大きな教会の売店で買った、思い出の物。
    英語でこのように書かれています。 主とは、イエス・キリストのことです。




    ある夜、わたしは夢を見た
    わたしは主と共に、渚を歩いていた
    暗い夜空に、これまでのわたしの人生が映し出される
    どの光景にも、砂の上に二人の足跡が残されていた。

    一つはわたし、もう一つは主の足跡
    これまでの人生の最後の光景が映し出された
    わたしは、砂の上の足跡に目を留めた。

    そこに、足跡はひとつしかなかった
    わたしの人生でいちばんつらく、悲しいときだった
    この事がいつもわたしの心を苦しめた
    わたしは主におたずねした

    『主よ。わたしがあなたに従うと決心したとき、
    あなたは、すべての道において、共に歩み、
    わたしと語り合って下さると約束してくださいました。
    それなのに、わたしの人生で一番つらかったとき、
    足跡はひとつしかありませんでした。
    あなたを最も必要としていたとき、あなたは、
    なぜ、わたしを一人にされたのですか。』

     主はささやかれた。

    『わたしの大切な子。
    わたしは、あなたを愛している。
    あなたを決して捨てたりはしない。
    ましてや、苦しみの時に。
    足跡が一つだったのを見たのか。
    あなたを背負って、わたしは歩いていたのだよ。』





    今日の みことば  (新改訳聖書©新日本聖書刊行会)
    創世記1章2節
    地は形がなく、何もなかった。やみが大いなる水の上にあり、神の霊は水の上を動いていた。



    訪問ありがとうございます
    ブログランキングに参加しています
    応援ポチをよろしくお願いします。





    にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
    にほんブログ村


    テーマ : 四季 −秋− - ジャンル : 写真

    15:00  |  秋(9~11月)庭  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

    2011.10.31 (Mon)

    1逆光で道端の畑の花を撮ってみました

    午後のお散歩。西からの陽に畑の花が輝いて見えました。
     

    面白いなと思います。

    生きて動いているように見えます。

    DSCF4588.jpg 

    DSCF4586.jpg 

    そう見えませんか??  恥ずかしいことに、私はこの花の名前をしりませんのよ・・・トホホ

    近くでは、千日紅と黄色いコスモスのような花が咲いていました

    DSCF4555.jpg 


    近寄って、潜り込んでパチリ

    DSCF4561.jpg 

    逆光とか、ちょっと斜めからの光が、思った以上に面白い写真にしてくれるのですね。

    家から150メートル離れた場所での発見です



    こちらは朝の散歩の写真です
    こんな調子で座り込んでいては、ちっとも運動にはなっていませんね

    DSCF4365.jpg 

    DSCF4371.jpg 

    私のカメラでもこんな写真が撮れるのねって、頭の運動にはなっているようですよ





    今日のみことば   (新改訳聖書©新日本聖書刊行会)
    創世記1章1節 
    初めに、神が天と地を創造した。



    訪問ありがとうございます
    ブログランキングに参加しています
    応援ポチをよろしくお願いします。





    にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
    にほんブログ村

    テーマ : お散歩写真 - ジャンル : 写真

    10:00  |  秋(9~11月)近所  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

    2011.10.30 (Sun)

    大好きになった爆蘭 もう一度

     DSCF4606.jpg 


    とても好きになった爆蘭(はぜらん)、 三時草(さんじそう)とも言われるので、三時ごろに散歩に行きました。

    撮り方によってはゴミのように写ってしまうので、色々ちょっと工夫して撮ってみました 


    DSCF4619.jpg


    できるだけ可愛く撮ってあげたいのですが、どっちからどう写したらいいのでしょう   


    DSCF4607.jpg 




    DSCF4620.jpg  


    こんなところで精一杯。、西日がきつくて、花が小さくて、爆蘭もいっぱいだけど、他の草花もいっぱいでしたから、難しかったのです。爆蘭ちゃん、ごめんね。でも、私、あなたが好きよ。

    道端で座り込んで写真を撮っている私を、15年前に亡くなった母が見たらどういうことでしょう・・・・きっと叱られるでしょうね・・・・

    訪問ありがとうございます
    ブログランキングに参加しています
    応援ポチをよろしくお願いします。





    にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
    にほんブログ村


    テーマ : 植物の写真 - ジャンル : 写真

    10:00  |  秋(9~11月)近所  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

    2011.10.29 (Sat)

    里山の道で

    DSCF4440.jpg?

    里山道を下ってくるとき、山からつるが下がっていて、実がなっています。
    何という実のかしら?  藪の中からは色々なつるが下がって来ています。

    山の木が繁っている中の方に目をやると、あれっ さねかずらが実をつけています

    DSCF4483.jpg?

    山の脇の方にまわっていくと すすきの向こうにせいたかあわだちそうです


    DSCF4494.jpg?

    少し先まで足を踏み込んで行きました

    足元に、せいたかあわだちそうと一緒に白い花が咲いています

    DSCF4503.jpg?

    目を上げると、いたどりが実をたくさん付けています。

    DSCF4515.jpg?

    その先には、わーーーっ小さいが見えました 私の目には、鳥が何匹か水面にいるのが見えるのですが、・・・・私のカメラではほとんど見えませんね

    DSCF4517.jpg

    ほんの数歩、山の中に足を入れるだけで、こんな景色が広がっていたのでした
    ここは、私が子どもの頃に育った場所なのですが、
    外では、よそ見、寄り道、立ち話などは慎むように教えられ、早く行って早く帰るようにと言われていて、それを忠実に守っている子どもでしたので、直線距離で150メートルのこんなところでも新鮮なのです。ははは はずかしい話です


    訪問ありがとうございます
    ブログランキングに参加しています
    応援ポチをよろしくお願いします。





    にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
    にほんブログ村


    テーマ : お散歩写真 - ジャンル : 写真

    09:30  |  秋(9~11月)近所  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

    2011.10.29 (Sat)

    のぶとう、やまぶどう、えびづる、

    『ノブドウ』は、ブドウ科ノブドウ属で、
    雄花・雌花が1本の木に咲く雌雄同株の植物です。
    花期は7~8月、果期は10~11月ですが、
    この果実は、食用にはされません。
    ヤマブドウやエビヅルは、葉の裏のほぼ全面に毛が密生していますが、
    ノブドウは,脈腋のみに毛が集中しています。
    また,ヤマブドウやエビヅルの花が円錐花序なのに対して、
    ノブドウは、集散花序となります。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    『ヤマブドウ』は、ブドウ科ブドウ属で、
    雄花・雌花が別々の木に咲く雌雄異株の植物です。
    花期は6~7月、果期は10月で、この果実は食用にされます。
    葉裏には、白色の毛が密生し真っ白に見えます。
    葉の裏のほぼ全面に毛が密生
    円錐花序
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    『エビヅル』は、ブドウ科ブドウ属で、
    雄花・雌花を別々の木に咲かせる雌雄異株の植物です。
    花期は6~8月、果期は10~11月で、この果実は食用にされます。
    葉の切れ込みの深いタイプは、ノブドウにも見られますが
    葉の裏面のクモ毛の密生は、エビヅルだけに見られます。
    葉の裏のほぼ全面に毛が密生
    円錐花序
    07:29  |  その他  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
     | BLOGTOP |  NEXT