FC2ブログ
    2011年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

    2011.09.21 (Wed)

    ねむの木、藤、蘇芳の種

    DSCF2249.jpg 

    ねむの木に実がぶら下がっています。種が豆のように並んでいるのが見えます

    DSCF2242.jpg 

    やまふじの実もぶら下がっていました。帰宅途中、花ボランティアのお仲間のご近所のおじさんと立ち話。
    いろいろと、親切に教えくださいました。
    彼の家の庭の向こうの方に山藤があって、秋の、暖かかった日の夕方か明け方か、
    ポーン ポーン と豆がはじける大きな音が、家にいても聞こえるそうです。
    ちょっとでも遠くに種を運ぼうとする藤の木の親心なのでしょう。
    私も聞いてみたいですが、山道で立ち止まって弾けるのを待っているわけには行かないし
    そのおじさんのお宅に何日かお泊りするわけにもいかないし、、、、、
    でも聞いてみたいです。

    ねむの木も豆も、弾けるのでしょうか??

    DSCF6363.jpg 

    蘇芳 すおう は、よく熟してからも、いつまでも木にひっついて、強風が吹いてその風で遠くまで飛んで行ける日を、忍耐して待っているということを、どこかで読んだことがあります。このお義兄さんの山畑になった蘇芳の種の旅立ちの日はいつでしょう。この台風では、まだまだ早すぎるでしょうね。


    訪問ありがとうございます
    ブログランキングに参加しています
    一日に一回のあなたの応援ポチが励みになります
    よろしくお願いします


    にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
    にほんブログ村



    スポンサーサイト



    テーマ : 山の風景 - ジャンル : 写真

    19:10  |  秋(9~11月)里山  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

    2011.09.21 (Wed)

    段菊 翼 かまきり



    DSCF2213.jpg 

    DSCF2221.jpg  

    散歩でみた、かまきりさん
    他の虫さんもいるこの花は、きっと蜜が美味しいのでしょう

    またまた「季節の花」で、紫の花で探したところ、「段菊」とわかりました

    熊蔓科 くまつづら科  : カリガネソウ属  と書かれています。 
    学名が    Caryopteris(カリオプテリス)    
      ギリシャ語の                       
      「karyon(クルミ)+ pteryx(翼)」   

    翼 はギリシヤ語では  πτερυξ

    新約聖書には、5回書かれていました。

    マタイの福音書23章37節、ルカの福音書13章34節には
    神様が罪に迷っている者をあわれんで、身元に引き寄せようとなさる様子を、
    めんどりがウロチョロと動き出すひなを翼の下に何度も何度も集めるようにする様子に例えて話しています。



    この前名前を知った「こむらさき」 も同じ 「くまつづら科」 ですって
    花のつき方tが似ていますね

    DSCF1813.jpg



    訪問ありがとうございます
    ブログランキングに参加しています
    一日に一回のあなたの応援ポチが励みになります
    よろしくお願いします


    にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
    にほんブログ村


    テーマ : 花の写真 - ジャンル : 写真

    08:48  |  秋(9~11月)近所  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
     | BLOGTOP |