FC2ブログ
    2011年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

    2011.08.07 (Sun)

    有珠山で見たうど 里山公園のうど

     
    有珠山山頂に行ったとき、案内してくださった方が、一緒に歩いている時に、ふとすぐ近くの木をみて
    これは「うど」だと教えてくださったので、何気なく写真に撮りました。
    7月14日のことでした。


    DSCF9258.jpg 

    そして、一週間後、里山公園で、「うど」を見つけました。
    北海道で見たのと、同じ木を近くの公園で見る・・・・・・
    別に不思議ではないと言えばそうなのですが、なんだか嬉しかったです。


    DSCF9706.jpg

    この「うど」の木を見て嬉しさを感じた理由は、

    有珠山山頂で案内してくださったネイチャーガイドの三松さんいう方のお話が感動的だったので、
    それと重なっているのかもしれません。
     

    彼は昭和新山が造山活動をする様子を観察し記録しつづけたことが、後に大きく評価された元郵便局長の三松さんの家の、養子さんで、この三松さんも、三松正夫さんのスピリットを引き継いでおられました。

    使命感を持っておられる様子で、ご高齢にも関わらずお元気で、東日本の震災のこともあって、様々な警告も含めて、色々と教えていただきました

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    五加(うこぎ)科   タラノキ属                            
    そういえば、お店で買う「独活 うど」 は、タラの芽が大きくなったような形をしています








    ナスタチュームの解体ショーの記事がどういうわけか植物・花写真の人気記事の2位になったことを記念してバナーを作りました。引き続き応援ポチをよろしくお願いします
    にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
    にほんブログ村



    下の{Reas More} をクリックすると、三松さんが話したことをメモしたのが読めます
    スポンサーサイト



    テーマ : 植物の写真 - ジャンル : 写真

    22:31  |  北海道  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

    2011.08.07 (Sun)

    プルーン

    DSCF9875.jpg 

    お義兄さんの山畑で、7月28日 プルーンの実がなっているのを見つけました

    花は、4月27日には、他のさくらや桃など、華やかな花に比べると、控えめな様子で咲いていました。


    DSCF4997.jpg 



    花が咲いた後、こうして実がつくということが、とても貴重なことであることを知りました

    一つの花に雄しべと雌しべがそろっていて、桔梗が自家受粉を避けるためにタイムラグしているのと同じで、プルーンも自家受粉をすると、実がならない。

    近くに同じプルーンの木ではなくても、相性の良い木の花粉を虫に運んでもらったら実が実るのだそうです。

    ということは、このプルーンの実は、山畑の中で同時に花を開いていた、桃か、桜か、梅か、どの木からかはわかりませんが、花粉を受けて実になったのでしょう。

    蜂さんや、アブさんなどの虫さんの働きがなければ、成り立たない結実ですね





    ナスタチュームの解体ショー
    の記事がどういうわけか植物・花写真の人気記事の2位になったことを記念してバナーを作りました。引き続き応援ポチをよろしくお願いします
    にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
    にほんブログ村




    テーマ : 植物の写真 - ジャンル : 写真

    12:21  |  ・・・夏(6~8月)山畑  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
     | BLOGTOP |