2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

    --.--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

    2016.09.16 (Fri)

    たんきりまめ 痰切豆

    田舎で9月29日に見た「タンキリマメ」の若い実を思い出した

     
    たんきりまめ緑の実 


    今は、都会に移って来ているが、どこかで、この懐かしい「たんきりまめ」の熟した実が見えるだろうか

    まずは、出かけなくては見ることはできない

    ぼつぼつ、散歩に出られるようになった。たんきりまめを探しに出かけようか・・・・

    たんきりまめ赤い実6013 

    痰切豆、種子(豆)を食べると痰を止める作用があるというところから名前が付けられてそう。

    豆は、弾き飛ばされないで、さやにいつまでもついていた。鳥に食べられて運ばれる

    スポンサーサイト

    テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

    20:30  |  秋(9~11月)近所  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

    2013.11.24 (Sun)

    パーティを飾った からすうり


    【からすうり 烏瓜】


    110929からすうり
    ◎どんなところで とってきたの?
    つる性です。林のふちで、木にひっかかって、つるを垂らしているのを春先まで見かけます。でも今年は数が少なくて、色づきも遅く、大きさも小さいようです。
    ◎どんな花でしょう?
    夏、暗くなってから花を咲かせ、明るくなるとしぼんでしまいます。真っ白なレースを広げたようなチャーミングな花だと聞くのでぜひ見たいのですが、なかなか夜に見に行くことはできません。
    ◎ 食べられるのでしょうか?
    赤い実の中には、白いネバネバしたものに包まれた種が入っています。花は夜に咲くだけあって、虫を呼び寄せるために独特の匂いがするそうですが、実にはあまりよい匂いはしません。
    根、種、実、それぞれから漢方薬が作られます。
    仲間のキカラスウリの根から懐かしい「てんかふん」が作られるそうです。


    これで 「パーティを飾った植物シリーズ」 を終わります

    おまけの写真はパーティで、切り分けているところです
    アメリカ人の彼は、お父さんにターキーの焼き方と切り分け方を
    一生使える技術だと、教えてもらったそうです

    ss-20131119 サンクスギビング 



    ブログランキング・にほんブログ村へ
     応援をありがとうございます
    にほんブログ

    14:44  |  秋(9~11月)近所  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

    2013.11.18 (Mon)

    パーティを飾るさねかずらの実

    サンクスギビングパーティーの会場を飾ろうと
    ご近所からいただいてきた植物を
    紹介します


    s-さねがすらDSCF6877 


    さねかずら  実葛 核葛】

    耳のある   ものは聞くなり     さねかずら
     

    百人一首に出てきますね
    名にし負はば 逢坂山のさねかづら 
    人に知られで くるよしもがな
    ◎どんなところで とってきたの? 
    つる性です。林の中で、木にからみつき、その枝や葉に隠れるようにしてぶら下がっていました。
    ◎どんな花だったの?
    夏に白い花が咲いていました。雄花と雌花でほんの少し違いがありました。実はめだつのですが、花は小さくてひっそり控えめに咲いているので、めったに見ることはないです。

    ◎食べられるのかしら?
    毒ではないが、口に入れてもおいしくはありません。
    実からは漢方薬が作られています。また昔の武士は樹液を利用して
    ちょんまげの整髪料として使っていたそうです。


    s-ヤフー顔


    ブログランキング・にほんブログ村へ 応援をありがとうございます
    にほんブログ村



    13:27  |  秋(9~11月)近所  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

    2013.11.16 (Sat)

    パーティを飾る「しろだも」の枝と実

    サンクスギビングパーティーの会場を飾ろうと
    ご近所からいただいてきた植物を
    紹介します


    s-DSCF7061.jpg 

    【シロダモ 白だも】

    次世代の 花を見るまで しろだもの

              時を待ちつつ ほうこう保つ

    ◎どんなところで とってきたの?

    里山では、あっちこっちで見られます。背が高い木の下で枝を伸ばしています。

    ◎花は黄色いのですね?
    雄花と雌花は別々の木に咲いています。
    雌株についている赤い実は、去年に咲いた花が一年たってやっと実になり色づいたものです。一本の枝に今年の花と去年の花の実が一緒に並んでいるのは珍しいと思います。よく見ると、雄花と雌花とはちょっと違います。

    ◎においはするの?
    葉を手でもむと優しい匂いが少しします。樟脳(しょうのう)がとれるクスノキの仲間です。
    花の匂いをかごうと鼻を近づけたら、唇に花が触れました。なめたら甘い蜜の味がしました。

    ◎食べられるのかしら?
    食べられませんが、実からは、蝋燭を作るときの油が取れるそうです。
     

    ブログランキング・にほんブログ村へ 応援をありがとうございます
    にほんブログ村


    12:30  |  秋(9~11月)近所  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

    2013.11.12 (Tue)

    ピラカンサに 鳩の巣

    喫茶店の横のビラカンサ

    あまり手入れがされていない様子で、枝を大きく伸ばしていて

    、実がたくさんついているのを見て、駐車場を横切って近づいて行きました

    s-400ピラカンサ 074 


    見上げていると、喫茶店の女性が出て来られたので、少しお話をしました

    このピラカンサには、鳩が巣を作って卵を産み

    しばらく親鳩が羽の下に卵を入れて暖めていたそうで

    その様子を喫茶店の窓ガラス越しに眺めては、ヒナが産まれるのを楽しみにしていたのだそうです

    s-40011月7日里山 075 


    でも 10月中旬のひどい台風が来たとき、嵐の中をじっと巣に座って卵を抱いていたけれど

    台風が去って二日目くらいから、親鳩の姿が見えなくなったとのこと

    枝の中を覗きこむと、巣の跡が残っていました

    ぜひ、来年も来て卵を産んで巣立ちまで育てて欲しいものです

    結構、車の往来のはある駐車場なのに、よく巣を作ったものです

    刺があるから、蛇からは守られるので安全なのでしょう



    ブログランキング・にほんブログ村へ 応援をありがとうございます
    にほんブログ村



    14:40  |  秋(9~11月)近所  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
     | BLOGTOP |  NEXT
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。