2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

    --.--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

    2013.11.19 (Tue)

    パーティを飾る じゅず玉

    【じゅずだま 数球玉(とうむぎ 唐麦)】

    学名は Coix lacryma-jobi ヨブの涙

    いわし雲 ヨブの涙に 希望みて


    s-DSCF5405.jpg 



    ◎どこで とってきたの?
    里山の池のそばです。水辺や荒地でも見ます。足元がぬかるんで、靴が汚れてしまいました
    ◎花はどんな花?
    めだたない花が咲きます。イネ科の植物で、いわゆる花という感じはしなくて、どれが雄しべでどれが雌しべなのか、教えてもらわないとよくわからないような花です。
    ◎食べられるのかしら?
    古代の稲の栽培が始まる前には、食べ物にしていたとのこと。戦時中食べ物がないときは、お手玉をほどいて、中の小豆やじゅず玉を食べたとか聞いたことがあります。
    種と根から漢方薬が作られます。ジュズダマから栽培種のハトムギがつくられたそうです。





    s-じゅずだまk 




    ブログランキング・にほんブログ村へ 応援をありがとうございます
    にほんブログ村



    スポンサーサイト
    07:43  |  秋(9~11月)里山  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

    2013.11.13 (Wed)

    しろだもの葉の不思議は 虫こぶ

    シロダモハコブシ。シロダモタマバエによる虫こぶだとのこと

    このブツブツしている中には小さな虫の赤ちゃんが入っているのでしょうか

    一つの粒に一匹かしら  一つの粒に双子がいたりするのかしら?

    名前からするとハエのような虫が出てくるのかしら?

    s-しろだも 104 



    枝を切っていただいてきたのですが、 枝の先にこんなのがくっついていました

    これも虫こぶの一種でしょうか? かまきりの巣のような感じですが

    何が入っているのでしょう? 何が出てくるのでしょう

     s-しろだもの虫こぶ 004





    ブログランキング・にほんブログ村へ 応援をありがとうございます
    にほんブログ村



    コメントで、シロダモ・タバエ と シロダモ・タマバエ・コマユ・バチ  について教えていただきました
     
     『虫こぶはひみつのかくれが?』(福音館書店を書かれた 湯川淳一先生は、しもだもの虫こぶを研究されたようです。

    このような子ども用の本が、私にはちょうど良いでしょう。機会があったら図書館で探してみましょう。
    16:43  |  秋(9~11月)里山  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

    2013.11.12 (Tue)

    里山の道で、コウヤボウキ、藪柑子、むかご

      里山の道 真ん中の草はミツバのように見えますが・・・車はと通れない道です

    s-s-131111みつば085 

    左側の山側 法面のりめん と言うのでしょうか? 高野箒が咲いています

    s-131111こうやぼうき4 


    これは十両 藪柑子でしょうか 周囲の木の陰で、こぼれ陽を受けて光っています
    確か、万両、千両、百両、十両、一両とあって、これは十両と教わった気がします

    s-s-131111やぶこうじ 一両9

    s-s-131111やぶこうじ 一両 082 



    道の右側には、むかごがぶらがっていました 

    s-s-131111むかこ゜5 


    この里山道の右は畑と田んぼが広がっているので、光が右から入っています

    ちょっと暗い山道も良いのですが、少し寒くなったので、光が十分にあたるとホッとします


    s-s-131111むかこ゜ 092 



    ブログランキング・にほんブログ村へ 応援をありがとうございます
    にほんブログ村




    19:19  |  秋(9~11月)里山  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

    2013.11.07 (Thu)

    竹やぷの前で見た木々

    里山の竹薮のところで、楽しんだ植物

    さねがすらの実  暗い中で赤く光っています

    さねかずら 125 


    南天でしょうか 竹薮の間で実をつけていました

    南天0 

    やぶまお だったでしょうか 緑色の紐のような花です

    やぷまお  122 

    また散歩を少しずつ再開します 応援をありがとうございます

    太い木に、絡みついているつる性の木は、いったい何なのでしょう

    上を見上げると、色々な種類の葉や枝が見えるのですが

    いったいどの幹から出た枝で、ぞの枝から出た葉なのか

    区別がつきません


    しろだもか 114 


    もしかしたら、しめだもの幹でしょうか 真っ直ぐな幹が2本見えます
    細い方はしろだもだと思われます。右の太い幹もしろだもでしょうか???

    しろだも7 

    去年の赤い実と、今年の黄色い花が一本の枝についています

    しろだも 111 


    虫こぶ でしょうか? へんなのが、たくさん付いています

    しろだも 104 

    しばらく 竹薮の前で カメラを片手に遊びました


    ブログランキング・にほんブログ村へ 応援をありがとうございます
    にほんブログ村
    22:58  |  秋(9~11月)里山  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

    2011.11.25 (Fri)

    203高いところに紅葉が・・実が・・ 黄櫨はぜ?

    今朝は、家から東へ300メートルの道をお散歩していて、たかーーーい木を見上げたら、たくさんの実が見えました
    周囲には赤い葉も見えます。あれは 黄櫨(はぜ)の木でしょうか。望遠にして撮ってみました

    DSCF6597.jpg  

    DSCF6595.jpg 

    これはやっぱり黄櫨の木のような木がします。

    DSCF6598.jpg 


    はぜの木を知ったのは、実は今年の5月です。里山公園で名札がついているのを見たのが最初です

    11年05月DSCF5692 



    上を見上げると、高いところにこのように新しい葉が出ていて、よく見ると蕾がたくさん付いていました

    DSCF5691.jpg 


    6月には黄色い花が咲いていました。背が高い木なのでこれ以上見ることができませんでした。
    木全体がぼんやりと黄色く見えていました。

    11年06月DSCF6644 


    7月になると実になっていました。まん丸ではなくて、ちょっと平たい感じのする実です

    11年07月DSCF9699 

    ここまでは里山公園で見たはぜのきです。

    下の写真は近所を流れる川の堤防の上に生えていたはぜのき(だと思います)
    橋の上から撮っています。実がいっぱい付いている木と全くついていないけど同じような葉の木が、橋の近くに何本かありました。そこで、ハゼノキが雌雄異株であることを知りました。

    11年08月DSCF0539 

    10月に見たはぜの木です。葉が赤くなりかかっていました。

    11年10月DSCF4146 

    里山公園の名札から始まった「はぜのき」 の観察ですが、もしかしたら、どこか違っているかしら???



    今日のことば   創世記2章3節      (新改訳聖書©新日本聖書刊行会)      
    2:3 神はその第七日目を祝福し、この日を聖であるとされた。それは、その日に、神がなさっていたすべての創造のわざを休まれたからである。
    2:3 Then God blessed the seventh day and sanctified it, because in it He rested from all His work which God had created and made.

    訪問ありがとうございます    ブログランキングに参加しています   応援ポチをよろしくお願いします。

      にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

    テーマ : 紅葉?♪ - ジャンル : 写真

    10:01  |  秋(9~11月)里山  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
     | BLOGTOP |  NEXT
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。